たるみのない肌に|美容整形外科で受けられる二重の施術には様々な方法がある

美容整形外科で受けられる二重の施術には様々な方法がある

女性

たるみのない肌に

鏡を見る婦人

ラジオ波によるジュール熱

サーマクールとは、美容外科でおこなわれている、ラジオ波を利用したたるみ治療です。ラジオ波とは、細かな振動を与える性質のある高周波で、これを肌の上から浴びせると、肌の内部では振動によるジュール熱が発生します。そのジュール熱によって肌の真皮層にある線維芽細胞が温められ、収縮していきます。たるみは、肌が伸びてしまうことが原因となっているので、肌の細胞のひとつひとつが収縮すれば、改善されるのです。そしてたるみがなくなれば、肌にはシワが生じにくくなります。そのためサーマクールは、シワの治療のためにもおこなわれています。さらには、線維芽細胞によって保湿成分のコラーゲンが多く生み出されるようになるので、サーマクールは乾燥肌の治療にも効果的と言えます。

しっかりとクーリング

サーマクールでは、肌表面が過剰に熱されることはありません。先述したように、ジュール熱は肌の深い部分で発生するので、肌表面が火傷を負う心配はないのです。ただし、ジュール熱は肌表面にある程度伝わってくるので、それによって治療後に赤みが生じたり火照ったりすることはあります。赤みは肌の見た目を悪くしますし、火照りは乾燥を招きます。そのためサーマクールでは、肌表面から熱を除去するためのクーリングが必要不可欠とされています。もちろんクーリングは美容外科でしっかりとおこなわれますが、デリケートな肌質をしている人の場合、その後も赤みや火照りが残ることがあります。これを回避するためには、治療後も冷たい水などを利用して、自分で肌表面を冷やすことが大事です。

Copyright© 2016 美容整形外科で受けられる二重の施術には様々な方法があるAll Rights Reserved.